■ お役立ち情報
2017/ 9/27  Up
10月22日(日)は神戸市長選挙

  【PDFファイルはこちら】

あなたの一票で、まちのリーダーが決まる
10月22日(日曜)は神戸市長選挙・市会議員補欠選挙[東灘・中央・垂水・西区]
まちのリーダーを選ぶ
 市長選挙は、私たちの生活に最も身近なリーダーを決める選挙といえます。子育てしやすいまちやお年寄りに優しいまち、イベントが多く毎日が楽しいまちなど、自分が思う理想のまちの姿を実現してくれる候補者をきちんと調べ、票を投じましょう。

 あなたの一票で、私たちの毎日の生活が変わってくるのです。

例えば…
水道事業
ごみ処理
市バス・地下鉄の運営
救急・消防
予防接種・健康診査の制度など

候補者に関する情報は
 投票日2日前までに各世帯に配布される選挙公報のほか、新聞、テレビ、ホームページ、SNS(会員制交流サイト)などで知ることができます。

若者と選挙
 7月の兵庫県知事選挙では、30歳未満の投票率は全体の投票率の約半分。依然として、若者の選挙への無関心が目立ちます。
 これからの神戸をつくる若者は、どうすれば選挙に関心を持つことができるのでしょうか。
 まちの大学生に話を聞きました。

まちを歩いてまちを知る
永野 翔太さん(甲南大学・23歳)
 選挙に興味を持てない人は、自分のまちを歩いてみてください。好きな場所、好きになれない場所、笑顔でまちを歩く人、困っている人など、いろんな発見があるはずです。そうなると、次はまちがどうなってほしいかを考えるようになると思います。
 まずはまちを歩き、まちを知り、まちの将来を思い描いてみること。そうすれば、自分の考えに近い候補者が見つかるかもしれません。

投票できる人
 満18歳以上(平成11年10月23日までに生まれた人)で、平成29年7月7日までに神戸市の住民基本台帳に記録され、引き続き市内に居住している人。

東灘・中央・垂水・西区 市会議員補欠選挙に投票できる人
次の1〜3のいずれかに該当する人
1.平成11年9月2日までに生まれ、29年6月1日までに市内に住民登録し、9月22日現在、該当区の住民基本台帳に記録されている人
2.平成11年10月23日までに生まれ、29年7月7日までに市内に住民登録し、10月7日現在、該当区の住民基本台帳に記録されている人(1を除く)
3.平成11年10月23日までに生まれ、29年7月8〜12日までに市内に住民登録し、10月12日現在、該当区の住民基本台帳に記録されている人
※市会議員補欠選挙に投票ができる人は、市長選挙の投票もできます

投票所
10月7日(土曜)以降に世帯ごとに送付する「投票のご案内」を確認してください。

事前に投票ができます
 仕事やレジャーなどで当日に投票できない人は、期日前投票を利用しましょう。
期間
【市長選挙】10月9日(月曜・祝日)〜10月21日(土曜)
【市会議員補欠選挙】10月14日(土曜)〜10月21日(土曜)
※土・日曜も受付 8時30分〜20時(ただし、北・西区の連絡所は9時〜17時)

場所
選挙人名簿に登録されている区の区役所・支所・出張所・連絡所など
※「投票のご案内」裏面の宣誓書に必要事項を記入して持参してください
※期日前投票ができない人は、事前に手続きをすれば、出張先や旅行先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
詳細は、問い合わせ先へ

鉄人22号が出現!?
 投票日にちなんだ、鉄人28号ならぬ鉄人22号と、鉄人サイズの巨大な投票箱が出現。クリアファイルなどの啓発グッズ配布やステージイベントも。

日時
10月14日(土曜)・15日(日曜)11時〜17時

場所
若松公園(鉄人広場)

問い合わせ先
住所地の区選挙管理委員会か市選挙管理委員会(TEL322-5816、FAX322-6150)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載