■ お役立ち情報
2017/ 9/27  Up
南海トラフ地震に備えましょう

  【PDFファイルはこちら】

南海トラフ地震に備えましょう
11月1日(水曜)に、南海トラフ地震による津波発生を想定した一斉避難訓練を実施します。
避難を呼び掛けるメールが配信されるので、この機会に、もしものときの避難行動について考えてみませんか。

災害に関する情報をメール配信
当日11時11分に市内の防災行政無線から「訓練緊急地震速報」を放送。
その後11時14分ごろに、対象エリア内にいる人の携帯電話に「訓練大津波警報」を知らせる緊急速報メール(エリアメール)が配信されます。
※マナーモードでも着信音が鳴ります

ホームページ

南海トラフ地震とは
静岡県の駿河湾から九州東方沖に及ぶ南海トラフを震源とする地震で、今後30年以内に70%の確率で発生するといわれています。
市内では、震度5強〜6強のゆっくりとした大きな揺れが1〜2分続くことが予想されています。

第1波の到達まで約80分
南海トラフ地震が発生すると、北・西区を除く区の沿岸部に津波が到達すると予想されています。
防災行政無線、緊急速報メール(エリアメール)のほか、テレビやラジオで的確な情報を得ましょう。

最大3.9mの津波が到達
津波警報、大津波警報が発表された場合、より遠く、高い場所まで徒歩で避難してください。
もし逃げ遅れたら、近くの丈夫な建物の3階以上へ避難し、警報が解除されるのを待ちましょう。

事前にできること
落ち着いて行動ができるよう、家族との連絡方法や、津波が到達する区域などの確認をしておきましょう。
・6月ごろに各戸配布している「くらしの防災ガイド」
・都心部に設置している「津波避難情報板」
・市津波情報ウェブサービス「ココクル?」
ココクル?  ホームページ

問い合わせ先
危機管理室(TEL322-6456、FAX322-6031)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載