■ お役立ち情報
2017/11/29  Up
こうべ子育てナビ

  【PDFファイルはこちら】

「子育ての相談をできる人が近くにいない」「仕事との両立が大変」など子育てに関する悩みはさまざま。
市は、安心して子育てができる街を目指し、さまざまな支援を行っています。
このコーナーでは、皆さんの子育てに役立つ情報を、毎月紹介します。

子どもの発達がゆっくりで心配…
J-Cafe(ジェイカフェ)
料金 無料
市内に7カ所ある拠点児童館では、発達がゆっくりな子どもの保護者が、日頃の育児の不安や悩みを共有でき、ほっとできる場を提供しています。
子どもたちが自分のペースで楽しく遊ぶ傍らで、保護者同士が安心してゆっくりお茶を飲みながらお喋りすることができます。
※冬休みなどの長期休業中、始業式・終業式当日は実施しません

問い合わせ先
[問]こども青少年課(TEL322-5210、FAX322-6043)

職員の声
魚崎児童館長 西田 厚子さん
発達検査の受診を問わず、広く参加していただけます。
子どもと一緒でも、親だけの参加でもいいんですよ。
子どもの発達に関する情報交換だけでなく、趣味やドラマの話など、たわいない世間話でも盛り上がります。
現在のメンバーも、同じ悩みを持つ仲間を求めているので、一人で悩まず、ぜひ気軽に参加してくださいね。

利用者の声
吉泉 尚子さん
児童館だよりや友達からの口コミを聞いて参加しました。
なじみのある児童館で行われているので行きやすかったです。
最初にスタッフが親同士を紹介してくれ、スムーズに輪に入ることができました。
それまでの孤独が無くなり、心強い相談相手ができたので参加して良かったです。
今ではJ-Cafeの場だけでなく、メールでもやりとりしているんですよ。


ほかにもこんな制度でママ・パパを応援
こべっこランド療育指導事業
発達がゆっくりな子どもと家族が、ボランティアと一緒に遊んだり、講師を交えて情報交換したりすることができます。
詳細は  ホームページ

KOBEママネット
婦人会館を拠点に活動するママと子どものための団体。
ママが特技を生かして教室を開くママ講座や寺子屋くらぶ、ママ友応援団、ワーキングラボなど、さまざまな子育て支援を行っています。
詳細は  ホームページ

もっと知りたいをかなえる!KOBE子育て応援サイト「ママフレ」
ママフレのアプリが完成。現在地から「KOBE子育て応援団」登録施設までの経路などを調べることも可能に。

ダウンロード手順
App Store、Google Playより「子育てタウン」で検索し、アプリをダウンロード


今月のトピックス
追補版・母子健康手帳の配布(要予約)
リニューアル前の母子健康手帳には無かった、子どもへの思いを残すことができるページを抜粋した冊子を配布します。
対象は、平成29年度現在、就学前の子を持つ保護者および10月1日以前に妊娠の届け出をした妊婦。
11月21日(火曜)から下記で予約を受け付け、配布は12月1日(金曜)から。
詳細は  ホームページ

申し込み
電話で市イベント案内・申込センターへ
TEL333-3372、FAX333-3314

タイムリーな情報をお届け!こうべ子育て応援メール
妊娠中や3歳までの子どもがいる人、その家族を対象に、妊娠週数や子どもの月齢に合わせて、妊娠・出産・子育ての基礎知識やアドバイスなどをお知らせします。
妊娠中から生後100日までは毎日配信。
ホームページ

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載