■ お役立ち情報
2017/12/24  Up
Love KOBE 神戸カルチャーレポート 新春拡大号

  【PDFファイルはこちら】

絵になる景色を探しに行こう! レンズ越しに見る神戸
2017年の新語・流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」。お出掛け先などで写真を撮り、SNS(会員制交流サイト)に投稿する人も多いのではないでしょうか。今月は、2017年に流行した若者言葉とともに、神戸のおしゃカワ(おしゃれでかわいい)な「インスタ映え」スポットを紹介します。
若者言葉、皆さんは分かりますか。

BE KOBE(ビーコウベ)
メリケンパークにある「BE KOBE」のモニュメント。
週末には多くの人々でバイブスも上がって(にぎわって)います。
午前中には「BE KOBE」の影が出現。天気の良い日には撮影できるワンチャンあり(可能性がある)!

FARM CIRCUS(ファームサーカス)
道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢」内にある神戸の食を楽しむ施設。サーカスをイメージしたおしゃカワな外観だけでなく、神戸で採れた色とりどりの野菜を使った料理はインスタ映えもありよりのあり(とてもある)。

夜の南京町
店先で販売している中華料理から立ち上る湯気、幻想的に揺らめくランタンなどが、テンアゲ(気持ちが高ぶる)なフォトスポット。
2月には春節を祝う「春節祭」も開催され、リアルガチな(本当に)異国情緒を体感できて、まじやばみ〜(とても良い)!

神戸のテンアゲな風景募集なう
Facebookページ「KOBE Photo365」では、市内の美しい風景や暮らしの1コマを撮影した写真のうぷ(投稿)を募集しています。
皆さんが撮影したテンアゲな写真を投稿してください。
2月には広報課インスタグラムも開設予定。お楽しみに!

問い合わせ先
広報課(TEL322-5013、FAX322-6007)

日本初開催 ウミガメシンポジウム開催記念イベント
2月18日(日曜)〜23日(金曜)に、日本で初めての国際ウミガメシンポジウムが神戸で開催されます。
それを記念し、須磨海浜水族園でイベントを行います。

ウミガメのウラガワを知ろう 「ウミガメ博士のウラガメトーク」
浦島太郎が乗っているカメは何ガメ?
ウミガメはなぜ涙を流すの?
など、ウミガメの裏話(ウラガメ)を紹介。
スケッチやこうら掃除などでウミガメとも触れ合えます。
対象 中学生以上
日時 1月21日(日曜)10時〜16時
場所 須磨海浜水族園
料金 500円(要入園料)
申し込み: 往復はがきか下記ホームページから
1.イベント名
2.参加者全員の氏名と年齢
3.住所
4.電話番号を記入し
(〒654-0049若宮町1-3-5) へ。
1月10日(水曜)必着。 抽選

そのほか、ウミガメに関する企画展を1月20日(土曜)〜2月下旬まで開催。
詳細は問い合わせ先かホームページで。

ボランティア募集中
シンポジウム開催中に英語通訳をしてくれるボランティアを募集中。
詳細は問い合わせ先かホームページで

問い合わせ先
須磨海浜水族園(TEL731-7301、FAX733-6333)
ホームページ

一足早く旬を楽しむ イチゴ狩りプレオープン
北区の農園では、早くもイチゴ狩りを楽しむことができます。実が柔らかく甘いイチゴを味わいに出掛けませんか。
日時 1月13日(土曜)〜3月15日(木曜)
場所 北区有野町・大沢町・長尾町・淡河町の各園
料金 中学生以上 1,600円
小学生 1,400円
3歳以上小学生未満 1,200円
3歳未満(2人目より) 500円
申し込み 電話で各園へ
ホームページ

問い合わせ先
農水産課(TEL322-5355、FAX322-6076)

学芸員に聞く美術の見どころ アート日和 第5回
市内の博物館で開催される展覧会の数々。その見どころを 学芸員が分かりやすく解説!

神戸ゆかりの美術館 神戸港コレクション〜よみがえった戦後風景
異国情緒漂う港町・神戸の風景は古くから画家や写真家たちを魅了してきました。
今回、神戸開港150年を記念し、油彩画・日本画に描かれた神戸港と風景写真を紹介。
また、川西英の「新神戸百景」を全点展示します。

学芸員の眼 絵画と写真が伝える当時の神戸 学芸員 金井 紀子
絵画や写真からは、開港以降の神戸の街並み、建物、人々の営みなど、当時の様子が伝わってきます。
神戸税関など、今でも残っている建物が描かれているものもありますよ。
同じ神戸港の風景でも作家によって表現が異なるのも見どころの一つ。
「新神戸百景」の展示は、半世紀以上も所在の分からなかった原画が一堂に会するまたとない機会です。
開催期間 2月18日(日曜)まで
休館日 月曜・12月29日(金曜)〜1月3日(水曜)※祝日の場合は翌日休館
入館料 一般800円(そのほか料金設定あり)
展覧会の詳細は ホームページ

問い合わせ先
神戸ゆかりの美術館(TEL858-1520、FAX858-1522)

未来の姿を発信 都心・三宮NEWS 第5回
誰もが過ごしやすいまちへ。都心・三宮の再整備に関する情報をお届け!

今月のニュース 歩きやすく、憩いの場所となる道へ
神戸国際会館の東側を南北に走る葺合南54号線。歩道を広げ、子ども連れでも安心して歩けるよう整備しました。
順次、国道2号まで整備を行い、ウオーターフロントへの回遊性の向上につなげます。

休憩やイベント会場としても使用
歩道上のベンチは会社員の昼休憩や、買い物、観光の休憩場所などとして利用されています。
12月にはティーフェスティバルの会場としても使用され、新たなにぎわいの場にもなっています。

建設局工務課 高倉 透
1人掛けや2人掛けなど、さまざまなベンチを配置しているので、ちょっとした空き時間などに気軽に利用してください

問い合わせ先
建設局工務課(TEL322-5399、FAX391-7773)

1000SMiLE ファイナルイベント
1,000組に神戸の未来や夢を語ってもらうプロジェクト。
みんなで撮影する1,000番目の動画に出演しませんか。
日時 1月14日(日曜)13時
場所 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
詳細は ホームページ

問い合わせ先
都心三宮再整備課(TEL322-6934、FAX222-1605)

いま、神戸のスポーツがアツい! 神戸スポーツ図鑑 第5回
神戸を拠点に活躍するスポーツチームを紹介。
会場に足を運んで熱い声援を送ろう!

フットサル編 デウソン神戸
グリーンアリーナを拠点に活躍する日本フットサルリーグ加盟のチーム。
チーム名のデウソンには「国際貿易港である神戸の土地に神が舞い降りて、古くからの伝統を受け継ぎ、世界に飛躍するチームを目指す」という意味が込められています。

試合展開の速さから目が離せない
サッカーに比べ、試合展開が格段に速く、得点もたくさん入ることが多いです。
選手の声や相手チームの選手とぶつかる音が聞こえるほど、客席とピッチが近いので迫力満点。

川那部 遼選手
強いデウソン神戸をつくっていき、近い将来には日本代表選手になります。
応援よろしくお願いします

アルコイリス神戸
日本女子フットサルリーグに関西のチームとして唯一参戦。
全国大会で4度の優勝を誇るほか、世界大会でも優勝した強豪チームです。

日本トップクラスのスピード
日本代表選手も多数在籍しており、シュートが多い攻撃的なチームです。
特に攻守の切り替えスピードは日本トップクラスで見応え十分。
神戸タータンのかわいいユニフォームにも注目です。

加藤 正美選手
日本一の攻撃力を間近で見に来てくださいね

今月のプレゼント
デウソン神戸からはクラブ創設10周年記念Tシャツを10人に、
アルコイリス神戸からはユニフォーム(希望サイズ130cm〜XXLを記入)を2人にプレゼント。

問い合わせ先
スポーツ体育課(TEL322-5803、FAX322-6149)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載