■ お役立ち情報
2018/ 5/ 1  Up
Love KOBE 神戸カルチャーレポート

  【PDFファイルはこちら】

しっかり予習で200%楽しむ ラグビーワールドカップ2019 第1回
アジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ。
神戸では強豪チームによる4試合が開催されます。
日本で行われる「一生に一度」のラグビーの祭典を、みんなで盛り上げましょう。

ラグビーワールドカップ2019って?
オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ世界三大スポーツイベントといわれており、2019年9月20日(金曜)から11月2日(土曜)にかけて全国12都市で開催されます。

チケットを手に入れよう
申し込み・購入は、大会ホームページから。
チケットを手に入れて、迫力満点の試合をスタジアムで観戦しましょう。
申し込み 大会ホームページで(チケットIDの登録が必要)

ラグビーワールドカップホームページ

大会公式サポーターズクラブ会員先行販売(抽選)
大会公式サポーターズクラブ会員になって、一般販売前にチケットを手に入れましょう。
詳細は大会ホームページで。

期間 5月19日(土曜)〜6月26日(火曜)
当選結果発表は7月10日(火曜)

第一次一般販売(抽選)
期間 9月19日(水曜)〜11月12日(月曜)
当選結果発表は11月26日(月曜)

第二次一般販売(先着)
期間 2019年1月19日(土曜)〜

大会を支えるのはあなた!ボランティアを募集中
ラグビーワールドカップ期間中は、世界中から多くの観戦客が訪れます。
温かく出迎えるとともに、ラグビーや日本、神戸の魅力を伝えるためのボランティアを募集します。
試合会場周辺での運営補助や来場者サービスなど、さまざまな活動に参加し、大会を盛り上げていきましょう。

対象 満18歳以上(2019年3月31日時点)で、面接や研修に参加できる人
 ※そのほか、条件有り。詳細は下記ホームページで
申し込み 4月23日(月曜)12時〜7月18日(水曜)11時59分に、下記ホームページで

ラグビーワールドカップホームページ

ラグビー観戦ミニ知識(はじめて編)
ラグビーは、1チーム15人の選手が楕円形のボールを使って2チームで戦うスポーツです。
特徴の一つが、ボールを持ったプレイヤーは相手に思い切り体当たりすることが許されていること。
手足が自由に使え相手との激しい接触もあるラグビーは、球技ですが格闘技に例えられることもあります。

問い合わせ
市イベント案内・申込センター(TEL333-3372 FAX333-3314)

ふらっといける時間旅行 神戸歴史探訪 第1話
古代から始まる長い歴史を持つ街・神戸。今もなお街に残されている歴史を、ひもといていきましょう。

平清盛のお墓は!?
国際港・神戸の始まりをつくった平清盛にまつわる、兵庫区切戸町の十三重石塔「清盛塚」を紹介します。

長らく信じられてきた「清盛塚説」
平家の興亡を描いた『平家物語』によると、清盛の遺骨は、清盛が大和田泊整備のために造った経ヶ島(現在の兵庫港付近)に葬られたと書かれています。
この記述から、1286年ごろに経ヶ島近くに建てられた「清盛塚」が清盛のお墓だと考えられるようになりました。

かつて眺めた地に眠る清盛
長年、清盛のお墓として地域の人々に親しまれてきた清盛塚。
しかし、1923年(大正12年)に神戸市電の拡幅工事のために約10m、移転することに。
地下を掘り起こし調査を行ったところ、遺骨は確認できず、清盛塚が清盛のお墓であるという説は疑わしくなったのです。
その後、研究が進められ清盛塚は西大寺の僧が布教活動の中で造ったものとの説が有力に。
そして、清盛が葬られたのは、垂水区西舞子町の山田川辺りと考えられています。
ここは、明石海峡を望む景勝地で、清盛も何度も船から眺めていたであろう場所です。

「清盛さんのお墓」 市立博物館 学芸員 三好 俊
清盛塚は、清盛のお墓ではないという研究結果が出た後も「清盛さんのお墓」として、地域の人々に親しまれています。
清盛が神戸にとって恩人であるとの意識が長い歴史の中で受け継がれているのでしょう。
皆さんも、清盛塚を訪れ、神戸を巡る長い歴史や受け継がれてきた人々の思いに浸ってみてはいかがでしょう。

今月の歴史探訪「清盛塚」
住所 兵庫区切戸町1-3
アクセス 市営地下鉄海岸線「中央市場前」駅下車、西へ徒歩8分

問い合わせ
市立博物館(TEL391-0035 FAX392-7054)
※市立博物館は、2019年11月11日(金曜)までリニューアル工事のため休館中です



※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載