■ お役立ち情報
2018/ 9/29  Up
くらしのヒント くらしに役立つ情報満載!

  【PDFファイルはこちら】

充実の支援で楽しく子育て こうべ子育てナビvol.29
子育てに関する悩みはさまざま。市は、安心して子育てができる街を目指し、さまざなな支援を行っています。

今月のテーマ 子どもの発達がゆっくりで気になる
市内に7カ所ある拠点児童館は、子どもの発達が気になる保護者同士がお喋りできる場所「J‐Cafe(ジェイカフェ)」を提供しています。
職員が見守る中で、子どもは自分のペースで遊べて、保護者はゆっくり子育ての情報を交換することができます。
※冬休みなどの長期休業中、始業式・終業式当日は実施しません

問い合わせ
各拠点児童館
  各拠点児童館 HP

職員の声 落合児童館 館長 藤田 明子さん
子育てに関する不安はさまざまで、考える時間も必要ですが、時にはお茶を飲んで、ほっとしたひとときを過ごすことも大事。
ゆっくりした時間の中で、子どもに合う、自分に合う情報を見つけるお手伝いができればと思っています。
また、児童館に来たら、来る前よりも元気になって帰ってもらいたいですね。

KOBE子育て応援サイト「ママフレ」
行政サービスはもちろん、親子で利用できる近くの施設や神戸で子育て中の保護者の声などを紹介しています。
  ママフレ HP

今日からはじめるKOBE健康スタイルvol.15
日常の中のちょっとした工夫でもっと健康になれる!「神戸ならでは」の健康スタイルを紹介します。

今月のテーマ 有酸素性運動を始めよう
有酸素性運動という言葉は聞くけれど、よく分からないという人はいませんか。
有酸素性運動とは、体内の糖質と脂肪が酸素と一緒に消費される、筋肉への負荷が比較的軽い運動のことです。
例えば、ウオーキングやサイクリングなどが当てはまります。
脂肪を燃料とするので、体脂肪の減少が期待でき、高血圧などに効果があるほか、心肺機能の改善なども見込まれます。

お勧めはサイクリング

ダイエット効果
自転車に乗れば体重はサドルと車輪に支えられます。
そのため、走るのに比べて脚への負担が少なく、長時間運動を続けられます。
その分、脂肪がより分解されて効果も大きくなります。

ストレスを解消
風を切って進みながら、さまざまな風景を見ると気分転換になります。
また、時間をかけて長距離を走行すれば達成感も得られます。
ストレスを感じたときは、自転車に乗って出掛けませんか。

下半身の筋力をアップ
サイクリングは全身の筋肉を使うので、加齢とともに衰えやすい下半身の筋力アップにも効果があります。
下半身の筋肉を日頃から使って、健康的な体づくりを心掛けましょう。

関西初開催となる自転車イベント「シクログ」を紹介!
神戸の歴史や風景、グルメなどを自転車に乗って楽しみませんか。
  シクログ神戸 HP

健康をサポートするサイト「KOBE健康くらぶ」
運動や食生活、心の健康などに関する情報を配信中。
肥満度を示す指標として用いられるBM(I 体格指数)の計測や、計測結果に対するアドバイスが分かります。
  KOBE健康くらぶ HP

問い合わせ
健康政策課(TEL322-6511 FAX322-6052)<

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載