■ お役立ち情報
2018/11/28  Up
くらしのヒント くらしに役立つ情報満載!

  【PDFファイルはこちら】

充実の支援で楽しく子育て こうべ子育てナビvol.31
子育てに関する悩みはさまざま。市は、安心して子育てができる街を目指し、さまざまな支援を行っています。

今月のテーマ 子どもが病気のときも預かってほしい
急に子どもが熱を出したときなど、誰にも預けることができず困ったことはありませんか。
そんなときに便利なのが、保護者や保育園などに代わって子どもを一時的に保育する「病児保育」。
市内15カ所で実施しています。
医師の回診などがあり、必要に応じた処置を受けられるので、安心して預けることができます。

対象
小学6年生まで

要件
保護者が仕事や傷病、事故、冠婚葬祭などにより家庭で保育できない場合

対象となる病気
風邪の他、インフルエンザや水ぼうそうなどの感染症の病気、骨折などの外傷

利用料
2,000円/日(所得により減額あり)

利用方法
各施設で事前登録が必要

詳細は   神戸市 病児保育 HP

わくキッズケア ( 北区道場町日下部字才谷1835) 和久院長と保育士の皆さん
病気の子どもを預けるのは辛くて不安だと思いますが、安心してください。
医師や看護師も近くにおり、1日の様子や検査した場合はその結果をお迎えのときに報告します。
事前登録は20分ほどでできるので、もしもに備えて登録してくださいね。

問い合わせ
市総合コールセンター(TEL333-3330 FAX333-3314)

#子育てするなら神戸 フォトコンテスト 12月31日(月曜)まで
お子さんの写真に「#子育てするなら神戸」を付けてインスタグラムに投稿すると、すてきな賞品がもらえるかも!

詳細は   ママフレ 100の理由 HP

今日からはじめるKOBE健康スタイルvol.16
日常の中のちょっとした工夫でもっと健康になれる!「神戸ならでは」の健康スタイルを紹介します。

今月のテーマ 食事で寒さに負けない体をつくろう
寒さが増し、風邪やインフルエンザがはやるこの時季は、バランスの良い食事を取って体力や抵抗力をつけることが大切です。
また、体を冷やさないよう温かい料理を食べましょう。

野菜で免疫力アップ
免疫力を高め、風邪の予防に役立つ栄養素にはビタミンA・Cなどがあり、野菜に多く含まれます。
こうべ旬菜には、ブロッコリーや水菜、菊菜など、冬に旬を迎える野菜がたくさん。
ビタミンA・Cが多い野菜を、意識して料理に取り入れてみましょう。

調理方法と神戸産にもこだわろう
野菜をゆでるとかさが減るのでたっぷり食べられる反面、ビタミンCなどの水溶性ビタミンの一部は水に流れてしまいます。
そこでお薦めなのが、水に溶けた栄養も丸ごと摂取できる、神戸産の食材を使ったかす汁。
日本一の酒どころ、灘五郷でも酒かすを販売しています。

みんなで食べて健康に
一人での食事は簡単に済ませてしまいがちで、必要な食事量や栄養が取りにくくなります。
家族や友人を誘って、楽しみながら食事をしましょう。

健康をサポートするサイト「KOBE健康くらぶ」
KOBE健康くらぶでは、食生活に関するアドバイスも掲載中!
KOBE健康くらぶ HP

問い合わせ
健康政策課(TEL322-6511 FAX322-6052)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載