■ お役立ち情報
2018/12/28  Up
早期に認知症を見つける 診断助成制度がスタート

  【PDFファイルはこちら】

65歳以上の人を対象に、自己負担なしで認知症診断を受けることができる制度が1月28日(月曜)から始まります。認知症を早期に発見すると、進行を遅らせたり、今後の生活に備えたりすることができるので、早めの受診が重要です。
家族の様子が気になったら、まずは医療機関に相談してみましょう。

2段階の診断助成制度
1.地域の医療機関で認知症の疑いがあるかどうかを検診
 ↓ 疑いがある場合
2.専門の医療機関で精密検査。 認知症の有無とともに病名も診断

民生委員児童委員協議会 理事長 祐村 明さん
認知症でなかったら安心という気持ちで、まずは受診してほしいです。
また、アルツハイマー型など4 種類ある病名のどれに当てはまるかが分かると、その後その人に合った対策を立てやすくなりますよ。

問い合わせ
介護保険課(TEL322-5259 FAX322-6047)

診断助成制度の詳細は 神戸モデル HP

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載