■ お役立ち情報
2019/1/28  Up
家計にも環境にもやさしい選択を

  【PDFファイルはこちら】

寒さが続くこの季節、電気やガスの使用量は増えがちに。
使用を減らすことは節約だけでなく、二酸化炭素の排出削減にもつながります。
暮らしの中でできる賢い選択(COOL CHOICE)を実践してみませんか。

風呂編
お湯が冷めないうちに
浴槽にお湯を張ったら、家族で間隔を空けずに入浴しましょう。
追いだきをしなければ年間で約6,880円の節約に。

シャワーか湯船か
一般的な浴槽は約200リットル入る大きさ。
1分間のシャワーで出る量は約12リットルで、15分程度の使用なら浴槽よりお湯の量が少なくなるので省エネです。

エアコン編
設定温度と掃除の目安は
冬の設定温度は20度が目安。
1度下げるだけで年間で約1,430円の節約になります。
また、エアコンのフィルターが目詰まりしていると動きが悪くなり、余計な電気を使います。
月に1、2回フィルター掃除をすれば、年間で約860円の節約に。

室外機周りの片付けも
室外機の吹き出し口に物を置くと、冷暖房の効果が下がります。
空気の流れを妨げないように気を付けましょう。

その他家庭でできる「COOL CHOICE」を紹介
KOBE COOL CHOICE HP

問い合わせ
市総合コールセンター(TEL333-3330 FAX333-3314)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載