■ お役立ち情報
2019/ 5/3  Up
古い空き家をお持ちの人へ 解体にかかる費用を補助します

  【PDFファイルはこちら】

住まなくなった家屋や、相続した家屋の管理に困っていませんか。長く手入れされていない空き家は、想像以上の早さで朽ちていきます。そこで市は、活用する予定がなく、破損などがある古い空き家の解体費の一部補助を始めます。

対象
昭和56年5月以前に着工された家屋で、次のいずれかの条件に当てはまるもの
1.腐朽または破損がある
2.幅2m未満の道にのみ接する
3. 60平方メートル未満の土地に建つ

補助金額
解体工事にかかった費用の3分の1かつ上限50万円

制度利用の流れ
1.事前相談(予約制)
補助の対象になる空き家かどうか、どんな書類が必要かなど、疑問にお答えします。できるだけ事前に相談してください。
期間:5月13日(月曜)以降随時
場所:すまいるネット(サンパル4階)
料金:無料
申し込み:電話で[問]またはホームページで

2.補助申請(7月まで予約制)
補助金は予算に達した時点で終了します。早めに申請してください。
期間:6月3日(月曜)〜12月27日(金曜)
申し込み:直接すまいるネットへ※郵送は不可

神戸市老朽空家等解体補助 HP

問い合わせ
すまいるネット(TEL242-6069 FAX222-0106)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載