■ お役立ち情報
2019/ 5/3  Up
暮らしのコラム

  【PDFファイルはこちら】

充実の支援で楽しく子育て こうべ子育てナビvol.36
子育ては、社会で支える時代へ。家庭で抱えすぎない、ママやパパのための子育てコラム。

子どもの発達が気になる
うちの子は他の子と違うのかな、と不安になることはありませんか。子どもは十人十色。それぞれ違った個性を持っています。その子に応じた接し方を考えてみましょう。

例えば
・呼び掛けても知らない顔をしている
好きなことに熱中していると、単に気付いていないことがあります。目を合わせるなど、注意を向けてから話を始めましょう。

・叱られても平気
叱られても悪びれた様子がないとき、子どもはなぜ叱らているのか分からなかったり、怒った顔を楽しんでいたりすることがあります。子どもを観察しながら、丁寧に教える姿勢が大事です。

一人で悩まずに相談を
さまざまなケースがありますが、まずは子どもの様子をよく見て対応することが大切。できること、できないことは子どもによって違います。もし気になることがあれば[問] へ。

問い合わせ
各区役所・支所のこども保健係・西神中央出張所保健福祉サービス窓口

発達障害者支援センター
発達障害の本人や家族のための講座、市民向け講演会などを行っています。

神戸市 発達障害者支援センター HP

こうべ子育て応援メール
利用者満足度95%!妊娠中や3歳までの子どもがいる人と家族を対象に、子育て情報だけでなくお母さんの健康管理のアドバイスなども配信しています。妊娠中から生後100日までは毎日配信。

こうべ子育て応援メール HP

神戸の水道、巡る旅 蛇口の向こうの知らない話vol.1
知ってるようで知らない水道のこと。実はスゴい! 水道の魅力を知る旅へお連れします。

水が私たちの元に届くまで
神戸の水道水は、琵琶湖や淀川、北区にある千苅貯水池などの水を使用しています。水は浄水場から送水管を通り、高台にあるタンク(配水池)にためられ、配水管を通じて届きます。神戸は土地の高低差が大きく、タンクが127カ所もあるのが特徴です(大阪市は10カ所)。

配水管の長さは約4,800km
市は、老朽化による漏水や水質の悪化を防ぐとともに、耐震化を図るため、配水管の取り替え工事を行っています。市内にある配水管を全て合わせると、なんと神戸からシンガポールまでの距離と同じ長さになります。

水道局中部センター 出逢 晋也
道路の下にある配水管。工事中は、仮の配水管を取り付けて各家庭に水を供給するなど、見えないところで工夫をしています。皆さんの日常生活を守り「災害に強く、早期復旧が可能な水道」を目指して、これからも整備を進めていきます。

問い合わせ
計画調整課(TEL322-0235 FAX322-6179) 一滴ちゃん・ミストちゃんのウオーターミッション
本物の機材を使った仕事体験などに家族で参加できます。
日時 5月26日(日曜)11時〜15時30分
場所 水の科学博物館
料金 無料

地下50m! 大容量送水管立坑見学
時間 11時20分〜15時40分 20分ごとに実施
申し込み 電話で下記問い合わせまたはホームページで。5月20日(月曜)まで受け付け。応募多数の場合、抽選
※安全確保のため、自力で歩行可能な人のみ参加可

神戸市水道局 HP

問い合わせ
市イベント案内・申込センター(TEL333-3372 FAX333-3314)

※ 神戸市の市外局番は、特に記載のない限り078です。

「広報紙KOBE」より転載